雑記

眠れないあなたへ 6つの対策とその効果

私の眠れない生活

あなたは眠れない日が続いて、悩んだことはありますか?私はあります。もともと眠りが浅いので、少しの音ですぐ起きるし、悩みなどあるとすぐ眠れなくなります。

半年ほど前、眠れない日が続きました。いつもは眠れなくても、まぁそんな時もあると、あきらめていたんです。でもその時、どこかでスイッチが入って、この不眠を完璧に治してやる!と決意しました。

ありとあらゆる不眠の本を読み漁り、ありとあらゆる方法を試しました。今回私が試した不眠対策を、ご紹介します。今不眠で悩んでいる方に、参考にしてもらえたら幸いです。

私が眠れない時にやった対策

眠る動物

リラックスするCDを聞く

よく本屋さんなどで売っている「ぐっすり眠るためのCD」などがありますよね。それを購入し、寝るときに聴いてみましたが、私には効果がなかったです。

逆にこんなリラックスする音楽聴いてるのに、眠れない自分に焦りました。若干うとうとはできたような気がしましたが、ぐっすりとまではいきませんでした。眠れなくて暇でしょうがない、リラックスしたいという人は試してみるといいかもしれません。

ストレッチをする

本にのっていたストレッチを寝る前にしてみました。体をほぐすことによって、リラックスし眠れるようにするためです。

これも効果がわからず、、。効果がでるまでに時間がかかるようです。

規則正しい生活

  • スマホは寝る3時間前は、いじらない。
  • 夕飯、お風呂も寝る3時間前までに済ます。
  • 夜は、部屋の明かりをほんのり暗くする。

など非常に厳しいルールを設けました。

これをやると心なしか寝付きがよくなった気がします。ただ起きてる時間が、非常にストレスがたまるんです。1日すべてが眠るために存在しているようで辛かったです。

夜、部屋の明かりを暗くして、テレビもスマホもつけずに過ごしている時、惨めで涙がとまらなくなりました。これを期に限界を感じ、やめてしまいました。

眠くなるまでベットに入らない

ベットは寝るところだよ」と、脳をしつけるためだそうです。そのため15分以上眠れなくても、ベットからでなくてはいけません。これが非常に辛かったです。

まず私は、不眠の時は眠くならないんですよ。なので、一晩ベットに行けない時もあります。ようやく眠くなってベットにいけても、15分で眠れるわけもないので、すぐベットからでなくてはいけません。

一晩中ベットと居間をウロウロする、という罰ゲーム状態に陥りました。これは続けられなくて、2,3日で辞めてしまいました。

開き直ってからの生活

開放された女性

そしてある時、何もかもめんどくさくなって、あきらめたんです。こんなに努力しても、寝られないんだから、もう何をしてもダメだなと。体が寝たくないって言ってるんだから、思う存分起きていてあげようと。

2,3時間しか眠れない日が続いていましたが意外と日中は辛くない、というのもありました。意外と寝なくても大丈夫なのかなぁと思ったんですね。で、規則正しい生活も、スマホ禁止も、ストレッチも全部辞めてみました。

好きな時に食べて、好きなことをして、眠れなくてもベットでゴロゴロしていました。そうすると、とても楽になったんですね。何が何でも寝なければいけない、というプレッシャーから解き放たれたからだと思います。

不眠を治そうとしていた時は、夜がくるのが非常に怖かったし、眠れない夜は早く寝ないと、と焦っていて苦しかったです。だけど開き直って好きなことをしていれば、そんなに辛くはないんですよね。それにリラックスして楽しんでると、いつのまにか寝てる時もあるんですよ。

開き直ってからした対策

早朝散歩

朝日光を浴びると、体内時計がリセットされて、夜眠れるようになるといいますよね。朝日光を浴びるために、朝早く起きて、散歩をしました。

即効性はなく、効果がでるまで時間がかかるので、効いたかどうかは正直よくわかりません。ただ朝の散歩は、とても気持ち良かったです。空気はきれいだし、1人で考え事をして歩く時間は貴重でした。

苦痛に感じなかったので、続けられたのだと思います。また、気分転換にもなったのでリラックスできて夜眠れるようになったのかな、と考えています。散歩が嫌いではない方はぜひ早朝散歩おすすめです!

塗り絵をする

脳を落ち着かせて体を疲れさせると、うまく眠れると言います。パズルや塗り絵は、頭を使わない単純作業なので、心を落ち着かせるそうです。

お掃除などもよいと言われていますが、そんなに動きたくなかったので、夜暇だったらパズルをしていました。これも、効果はよく分かりませんでしたが、娘と一緒に塗るのが楽しくて続けていました。塗っている間は不安な気持ちも消えます

意外と夢中になるのでおすすめです。

まとめ

結局、無理なく続けられる対策を2つほどして開き直った結果、いつの間にか眠れるようになっていました。2つの対策が効いたのかどうかはよく分かりませんが、不眠を治そうと頑張ったのは逆効果でした。

逆に「眠れない時間は好きなことができる、ラッキー」くらいの気持ちでいた方が、眠れる時があります。ありとあらゆる方法を試して眠れなかったら、諦めて夜を楽しむくらいの気持ちでいるのが大切なのかもしれません。

今不眠で悩んでいる方、ぜひ開き直ってみることをおすすめします。